ママと子どもの「欲しい」を仕立てるpomochi(ぽもち)ブログ

赤ちゃんと、手ぶらでお出かけしませんか?エルゴやコランなどの抱っこひもに取り付けられる、抱っこひもリュックの製造販売をしています。

2歳現在、ジーナ式+EASY(ネントレ)を振り返る 始めたきっかけ&続けるコツ

毎朝ネントレについての過去ブログ記事を引用していましたが、ついに引用できる記事がなくなりました(笑)
ですので、今回はネントレについて振り返りたいと思います。

今でもはっきり覚えていますが、ぺんちゃん生後3週間頃から、いつ起きてきて、いつ寝るのか分からない、そして深夜2時~6時まで始まるナイトショー(1時間毎のコマ切れ大泣きサービス付き)
初産&初育児&夫激務&手伝い無しの状況下で、極限。
「明日起きたら、この子、20歳になってくれてないかな・・・」
と、かわゆい赤ちゃんからいきなりの成人へステップアップ発想が本気で出てくるくらい、クレイジーゴナクレイジーだったのでした。

今思えば、ぺんちゃんはそこまでやりにくい子では無かったんですけどね。
でも、寝ること大好き人間な私にとって、自分の意思で制御できない睡眠不足は本当に辛かったです。

で、これはいかんと思い、ぺんちゃんが寝ているすきに検索検索。
産後は目を使ってはいけない、なんて言葉ぶっ飛ばせ!
なくらい、検索(※本当はよくないと思いますが)

そこで出会ったのがネントレでした。
ジーナ式、という言葉は妊婦時代に何となく見たことはあったのですが
寝るのにトレーニングがいるの?なんじゃそりゃ!
と鼻で笑っていた自分よ、ジーナとトレイシーに謝罪しなさい。

ネンネトレーニングという名前がついていますが、要は「うちの可愛いベビーはいつ寝るんだろう!?」とハラハラするよりも、「この時間は寝るんやでぇ~」と親が赤ちゃんに寝るタイミングを教えてあげる、ということですね。

教えてあげる、とサラっと書きましたが、最初は本当に大変です。
まさに親と子のトレーニング。ビリーズブートキャンプよりきついかもしれない。(※未経験)
ですが、子どもって驚くほど順応していくものなので、根気強く続けて行けばたいていの子はうまくいくんじゃないかなと思います。

最大のコツは
・大幅な流れは守った方が良いけど、細かい部分やスケジュールは本の通りきっちりしすぎなくても良い
・突然寝なくなる時期は絶対やってくる。永遠に寝ないわけじゃないので、成長期と思ってやり過ごす
・うまくいかない時は、他の人と比べない(余計に落ち込むので)。自分&子どものペースで
・一緒に住んでいる人にも、ネントレに協力してもらう

この4つですね。
細かい部分というのは、私の場合で言うと
・夜中に起こして授乳→しない。起きてきたらする。
・掛けシーツを使う→やってない(面倒くさかった)
・ベビーベッドを使う→がっつり布団で寝てました
すぐに思いつくのはこの3つかな。
これはできそう、これはできなさそう、というのを自分流にアレンジすればいいと思います。

協力者は、旦那さんだったり実母だったり、義母だったりするかと思うのですが、できれば本を読んで貰って理解してもらった方がスムーズです。
本を読んでくれなさそうなら、自分でしっかりがっつり熱く説明ですね。
我が家は夫にジーナの本を読んでもらいました。
なので、結構スムーズにジーナ式トレイシー一家になることができました。

明日の朝は、ネントレやってて良かったことを書きます。

facebook2
pomochiのFacebookです。いいね!して下さると、とっても嬉しいです♡

blogshop 
pomochi(ぽもち)のネットショップはこちらから

お問い合わせは こちら までお願い致します。

*ブログランキングに参加しています。ポチリと押して頂けると、更新の励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ